RSS
Admin
Archives

もりのみやこにて。

プロフィール

びちこ

Author:びちこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
02
Category : 未分類
時々読んでいる「ほぼ日刊イトイ新聞」のこのページ
医療スタッフとして被災地で働いた看護師さんのブログ
が紹介されていました。


実際に被災地の現状がリアルに書かれているので、もし、今はこれ以上悲しい話に耳を傾けたくないっていう
気持ちを持っている方は、読まないほうがよいかもしれません。


でもわたしはこれを読んで
一生懸命に生きてきた、生きている人たちのことや
命がけで助けようと頑張っている人たちのことを知ることは
前に進む力や、人の力になりたいと思う力、よくわかんないけど何か頑張ってみようと思える力が
わいてくるような気がしました。


そして、
「帰る家があって、あったかいお布団とお風呂があって、話を聞いてくれる家族がいて、
そういう生活が基盤にあってこそ娯楽が楽しめるんだなと。」
「毎日モノを数えるように
増えていく死亡者数をニュースを読み上げてるアナウンサーにさえ嫌気がさしました。」
とか、わたしもモヤモヤ思っていた気持ちが適格に書かれていることがたくさんたくさんありました。

すばらしい記事だと思いました。


それとビートたけしの
「『芸人は笑いを届けることしかできない』は戯言」
「個々の悲しみに対して、想像力を」
をはじめとして今回の震災に対する発言も、そうそう、と強く思うことがたくさんあります。


必要な情報を得ようとテレビでニュースをみると、時には必要でないどころかがっかりするような
ことまで目にしてしまうことがあるけれど、自分の言葉ではうまくいえないことを他の誰かが
はっきり伝えてくれていることで気持ちが救われたりしています。



また、先で紹介した看護師さんのブログの言葉を借りて。

「だんだんテレビやマスコミも震災のニュースが減っていき、みんなの脳裏から薄れていくに従って
 被災地の今後の課題や病人や悲しみは増えていくと思います。
 被災していない人たちが自分たちは明るく頑張ろうって元の生活にどんどんしていくのは良いことだけど
 3月11日のことは決して忘れてはいけないのです。
   (中略)
 いつかみんなの努力と流した涙が報われるときが必ず来ますように。」

こころからそう願います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

このところ、都内に住む人たちが元の生活に戻りつつあるのを嬉しく思う反面、震災に対する関心が薄くなっているのを感じていて、自分がおかしいのかな?とモヤモヤしていました。海外にいるので実際の空気はわからないのですが...でも、びちこさんのブログを読んで、やっぱりまだ全然終わっていない、忘れちゃいけないんだという気持ちが強まりました。

私もこの看護婦さんのブログ読みました。
twitterの個人の声やこの看護婦さんのブログがみんなのところへ届いているように、びちこさんのブログもとっても意味があるものだと思います!

No title

こんにちは。
私事ですが、数日前に母に電話をしたらまだガスが使えないということでした。食料品を買うのに寒い中3時間もならんで待った話などを聞くたびに、今回の震災の影響が本当に大きいということをあらためて思い知らされました。

海外での震災に関する報道は原発の話題にふれるくらいになってきていますが、みんなが本当にもとの生活がおくれるようになるのはまだまだ先のことで、いまだにたいへんな状況のもとでなんとか過ごしている方々がいることを忘れてはいけないと思いました。

Re: No title

> 0101さん
被害に遭わなかった人や被害が軽かった人たちが、震災への関心が次第に薄くなってしまうのは仕方ないと思います。ニュースも原発問題を取り上げる時間が多いし、被災地のリポートも芸能人が来たとか仮設住宅の着工とか明るい話題をとりあげるので、メディアを通じてだと、復興へ着々と歩みを進めているように感じると思います。ただ、被災地の状況は思っている以上に深刻です。避難所間でも支援の手厚さに格差がうまれ、衛生面や治安がどんどん悪化しているところもあります。
せっかく助かった命をつなぎとめるので精一杯な人たちもまだたくさんいることも世界の人たちの心の片隅においてもらいたい、と思っています。
・・・と、思うままに熱く語ってしまいました。すみません。

Re: No title

> Kaoruさん
こんにちは。私のうちもまだガスが使えません。。。ポットで沸かしたお湯を洗面器にためて体を拭いたり、洗髪したり、ときどき芋洗い状態の銭湯にいったりしています。
仙台中心部でさえ復旧のめどが立たない建物やお店がまだたくさんありますしね。
そして、津波の被害を受けた地域の避難所では、まだ厳しい日々が続いています。
世界中で、寄付が沢山集められているのは本当に感謝ですが、原発の問題には海外はけっこう厳しい対応(日本産の輸入規制とか)なのが微妙なところですよね。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。