RSS
Admin
Archives

もりのみやこにて。

プロフィール

びちこ

Author:びちこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
02
Category : 未分類
時々読んでいる「ほぼ日刊イトイ新聞」のこのページ
医療スタッフとして被災地で働いた看護師さんのブログ
が紹介されていました。


実際に被災地の現状がリアルに書かれているので、もし、今はこれ以上悲しい話に耳を傾けたくないっていう
気持ちを持っている方は、読まないほうがよいかもしれません。


でもわたしはこれを読んで
一生懸命に生きてきた、生きている人たちのことや
命がけで助けようと頑張っている人たちのことを知ることは
前に進む力や、人の力になりたいと思う力、よくわかんないけど何か頑張ってみようと思える力が
わいてくるような気がしました。


そして、
「帰る家があって、あったかいお布団とお風呂があって、話を聞いてくれる家族がいて、
そういう生活が基盤にあってこそ娯楽が楽しめるんだなと。」
「毎日モノを数えるように
増えていく死亡者数をニュースを読み上げてるアナウンサーにさえ嫌気がさしました。」
とか、わたしもモヤモヤ思っていた気持ちが適格に書かれていることがたくさんたくさんありました。

すばらしい記事だと思いました。


それとビートたけしの
「『芸人は笑いを届けることしかできない』は戯言」
「個々の悲しみに対して、想像力を」
をはじめとして今回の震災に対する発言も、そうそう、と強く思うことがたくさんあります。


必要な情報を得ようとテレビでニュースをみると、時には必要でないどころかがっかりするような
ことまで目にしてしまうことがあるけれど、自分の言葉ではうまくいえないことを他の誰かが
はっきり伝えてくれていることで気持ちが救われたりしています。



また、先で紹介した看護師さんのブログの言葉を借りて。

「だんだんテレビやマスコミも震災のニュースが減っていき、みんなの脳裏から薄れていくに従って
 被災地の今後の課題や病人や悲しみは増えていくと思います。
 被災していない人たちが自分たちは明るく頑張ろうって元の生活にどんどんしていくのは良いことだけど
 3月11日のことは決して忘れてはいけないのです。
   (中略)
 いつかみんなの努力と流した涙が報われるときが必ず来ますように。」

こころからそう願います。
2011.03
26
Category : 未分類
仙台では、放射線量を計測する施設が被災している為、仙台の放射線量が
マスコミでとりあげられることはあまりありません。
東北大学が計測した値が地元新聞やネットなどで知ることはできるくらいでしょうか。

隣の県だし、もちろん不安はありますが
関東圏で騒がれているような混乱はそれほどこちらでは見られない気がします。
知らないだけなのか、知っててもそれよりも気にかけることが多すぎるからなのか。


以下2つは、脳トレで有名な川島隆太先生の放射線の影響についての考え。
ちょっと皮肉まじりだけどはっきりと言い切っているコメントは
テレビでいろんな人のコメントやインタビューをみているより、ずっと精神衛生上よい気がします。

河北新報

川島隆太研究室のHP


今日は、やっと、やっと、一人2000円分ずつだけど、ガソリンを給油できました!!

2011.03
24
Category : 未分類
今日の昼間はとてもいい天気でした。

本当はこの時期、できるだけ外出を控えた方がいいのかもしれませんが
天気のいい日は外にいる方が暖かいし、気分転換にもなるので
まぁいいかな、と思っています。


てくてく歩いてお店を覘きながら、牛乳でも買えればなぁと思っていたのですが
まだそんなわけは無く。
開いているお店はどこもかしこも何かを求める買い物客ですごい行列。
今回はそんなに急いでほしい物は無かったので、並ばずにすぐに買えるお店で
石鹸をひとつ買っただけでした。

まちのアーケードを歩いていたら、義援金募金をしていたので、ほんの少しですが
募金をしてきました。
同じ被災地だからこそ少しでも早く届きそうな気がして。
被害の大きい地域にボランティアで赴いている団体の活動でした。

仙台の街中も大なり小なり被災していて、みんなまずは自分の生活を立て直そうと
いっぱいな中なのに、たのもしい若者たちでした。


帰り道に通りかかったお店で、食パン販売の整理券を
配り始めたところに遭遇し、ありがたく購入。
粉もの好きにはとってもうれしい収穫でした。



テレビのインタビューで「今一番何がほしい?」って聞かれた子(小学校高学年くらい)が
「しあわせ。」
って、こたえていました。
泣けてしまいました。

はやく暖かい春よ来い。
P1070458.jpg



2011.03
21
Category : 未分類
祈るような気持ちでニュースを見る毎日です。


仙台中心部では、まだ品薄ではあるけれど
何かしらの食糧はやっと手に入るようになってきている感じがします。


ガソリンだけはいまだに入手困難ですが、
仙台に入荷したガソリンはまず被害の大きいところへ送られ、
また、市内のガソリンスタンドに入荷したものは、災害緊急車両へと優先されます。
そして、その残りが一般市民用のガソリンとなるのですが、争奪戦は狭き門になっています。
いつみても長蛇の列...

あそこのスタンドはどうで、とか、耳にはするものの
我が家はそこまで出掛けるガソリンもなく、最寄のところで調達するしかありませんが
休日の間は徒歩で生活できるので問題ありません。

いつもは見ているだけでしたが、さすがに緊急用に少しは欲しいなと思い今日は朝5時から並んでみました。
アイドリングも無駄にできないので、毛布をかぶりながら待つこと7時間・・・
それでもやっぱりダメでした。
整理券をもらうことはできたのですが、ようやくお店に入れた時点で
品切れとのことで...仕方ないですね。

今はだんなの職場へ向かうバスはまだ復旧されていないので
明日からだんなには山の上にある職場へ徒歩でがんばっていただこうと思います。
きっとあと数日のがまんですから。



ただ、今日はひさびさにあたたかいお風呂に入ることができました!
近所の温泉が臨時営業していたので、お世話になってきました。
今まではタオルでからだを拭いたり、電気ポットで沸かしたお湯をぬるま湯にして洗髪していたので
とってもさっぱりしました。
あたたかいお湯が使えてほんと~うにうれしくて、気持ちよかったです。



そして、夕方にはお向かいに住むおばさまからお料理を分けていただきました。
引っ越したばかりで顔を合わせたこともなかったのですが
地震の日以来、とても親切にしていただいています。
P1070450.jpg
おばさまのやさしさをかみ締めながらいただきました。
どれもこれもほんとうにおいしかったです。



手に入らないガソリンにしても、そして、食べ物やお風呂、暖がとれることなど、
多大な被害を受けた被災者の方々を思うと、恵まれた環境にあることを
申し訳ない気持ちになることもあるけれど
今は後ろ向きな気持ちになるより
感謝して大切にしながらしっかり生活していきたいと思います。


2011.03
20
Category : 未分類
仙台も原発に対しての不安はあります。
海外メディアの情報の影響か、不安につのられて
首都圏の人でさえ、西へと避難する人もいるようです。

でも、チェルノブイリとは状況も全く違うし
村上龍氏も書いていましたが
無駄に不安に煽られないように
専門家の意見をちゃんと聞いて
現場で作業している人を信じて
冷静にしなきゃと思います。

今後の風評被害のことも心配です。
被災地の方々が立ち上がろうとしたときに
それを阻むようなことがあってはならないと思います。



連日の枝野官房長官の記者会見。

とてもシビアな内容を的確にわかり易くお話され、マスコミの、時にはあげ足をとるような質問にも
感情的になることなく政治家お得意の自己弁護もなく、答弁される様子を見て感心しました。
あれだけハードな環境の中での答弁なのに、失言もほとんどなく、すばらしい仕事ぶりだと思います。

日本の政治家に対して良い印象を持ったのは、この人がはじめてです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。